伊藤博之事務所ブログ

秋田県能代市の司法書士行政書士伊藤博之です。ブログ内容について、その方針を変更しました(平成28年の夏から)。今までと違い?業務、事務所以外のプライベートも語ります!

名画『レオン』

今回も個人的な趣味の話題。

 

アマゾンのプライム会員だと、

無料で見れる映画があるので、

以前見たことある映画でも、

再度、自分の心に(いい映画だったな~と)

記憶に残っている映画を

見たりしています。

 

そして先日見ました

『レオン 完全版』

 

レオン 完全版 (字幕版)

 

これは名画だ(私の中では…)

歴代ベスト5に入る。

 

 

非現実的なストーリー(殺し屋という設定)も

ジャン・レノが演じるとリアリティーが増す。

 

相手役(少女)のナタリー・ポートマン

天真爛漫さに心が打たれる。

 

なんで少女と殺し屋が一緒になっているのか

ストーリー全く思い出せなかったのが、

こういう設定だったのか、と納得。

 

さらにゲイリー・オールドマンの悪役の怖さと言ったら…

私、怖すぎて何回か映像を止めました。

こういう輩(やから)本当にいそうな気がして…。

 

このレオンの設定、

どこかで見たことがあると思ったのですが、

 

野性の証明』の高倉健と少女の頃の薬師丸ひろ子

野性の証明』は親子だったが… 

 

 

そう言えば、大学1年や2年の時は、

本当に映画(ビデオ屋から借りたりして)、

ばっかり見てました。

 

手帳に見た映画をメモしてましたが、

一時期、年間300本とか見てました。

 

レンタルビデオ屋でもアルバイトしてましたね。

趣味と実益を兼ねて。

(店で借りられるビデオの半分以上がアダルトビデオだったのには、

田舎者の自分は少しショックを受けたのも、

今となってはかわいい思い出の一つです)

 

池袋の名画座でやってた黒澤明の映画、

低料金で3本立てとかで見たときは、

その話しの面白さや三船敏郎のカッコ良さに

衝撃を受けたことは忘れられません。

 

黒澤明はでっかいスクリーンで見ると

めちゃくちゃに面白い…

 

その頃のマイベスト5は

『ミッドナイト・ラン』ロバート・デ・ニーロ主演

『いまを生きる』ロビン・ウイリアムズ主演

大人は判ってくれない』フランスの映画

 『カッコーの巣の上でジャック・ニコルソン主演

七人の侍黒澤明監督

だったような…

 

昔から一人でマイベスト5とか考えて、

妄想していました。

 

あの時、映画を見まくったおかげで

精神年齢がおこちゃまだった自分が

いろんな考え方に触れて勉強になったのだと思えば、

映画ばかり見ていた時期も無駄ではなかったのかな、

と感じています。

 

『いまを生きる』とか若い頃には

影響受けまくりでした。

 

 

 

さて、『レオン 完全版』に続き、

今はウッディ・アレン監督

ミッドナイト・イン・パリ』を見ていますが、

寝ながらタブレットで見ているため、

見始めて10分後には猛烈に眠くなってしまう。

 

ミッドナイト・イン・パリ(字幕版)

 

話しがなかなか進んでいかない日々を送っています。