伊藤博之事務所ブログ

秋田県能代市の司法書士行政書士伊藤博之です。人口減少率日本最大の地方を舞台に、最新の法・制度の変化に対応した『できる司法書士』の称号を得るべく奮闘の日々を綴るブログ!

今冬はコロナと雪との闘い

昨冬は積雪が少なかった秋田県ですが

今年は例年より非常に多い感じです

 

県南の方は、雪が多くその処理が大変そうです

 

首都圏は本日コロナによる緊急事態宣言が

発表されそうですが

秋田県は雪下ろしによる事故多発に伴い

『雪下ろし注意情報』が発表されました

 

なんとかコロナと雪の被害を回避して

乗り越えたいものです

 

さて今年は、年賀状の写真を ↓ のように

『歓談するカップルを羨ましく眺める男』

にしようとして撮影したのですが…

f:id:guitartaro:20201202165608j:plain

 

ただの飲み会の写真となってしまいました

f:id:guitartaro:20201202193926j:plain

 

なんか調子に乗ってる感も出てしまっていて

年賀状出してから『今年は失敗した!』と

感じました

 

新年から『調子に乗らず、謙虚にならないと』

と気を引き締めています

 

 

大変な世情ですが

今年もよろしくお願いします

 

 

 

f:id:guitartaro:20210107154029j:plain

年賀状の写真は飲み会でただ寝ている姿

失敗した~

充実の年末年始へ

 

あと数日で激動の2020年が終了します

世の中的にはコロナで大変な世情でしたが

事務所的には事務所自体の整備もでき

さらに事務所の体制も強化できたりと

充実した一年とすることができました

 

このまま(気を引き締めて)無事に

年を越したいと思います

 

f:id:guitartaro:20141031060447j:plain

 

2020年はMAX仕事にまい進した一年でしたので

2021年は仕事の効率化を図りつつ

プライベートの面でも充実した年にすることが

目標です

 

もうちょっと意識を仕事から

シフトさせていかないと

仕事だけの人生になってしまいますので…

(それはそれで幸せかもしれませんが)

 

年末年始はゆっくりしながら

2021年にやりたいことなどに

想いを馳せよう!

 

年末年始用のウィスキー、日本酒も仕入れて

引きこもる準備も整いましたので…

 

2021年やりたいこととして

自分の中でビッグチャレンジが2つほど

頭の中で妄想しているのですが

実現するのかどうか…

 

実現可能性をちょっとでも高めるような

毎日を過ごし、結果的に実現に持っていくのが

私の作戦です

引き続き妄想を続けていこうと思います

 

『あきらめの悪い男』ですから…

 

 

何はともあれ

速くコロナが収束して

気軽にトレイルランの大会などに

参加できる日常になってほしいですね

 

改めて

今年一年多くの皆さまのお世話に

なりました

来年も引き続きよろしくお願い致します

 

ONとOFF

とうとう令和2年も最終月に突入

無事に1年を終えたいものです

 

事務所の体制も12月から整備し

事務机や書棚の物凄い上質なモノを

あるルートから仕入れた関係で

事務所のレイアウト等も少し手直し

 

これで年越しまで持っていけそうです

 

さらに今年の非常に大きな懸案事項だった

歯の治療についても大きいヤマを先月に

越えられたので

ほっとしているところです

 

(私は自称『健康おたく』ですので)

仕事で良いパフォーマンスを発揮するには

オフの過ごし方も重要と考えています

 

特に、自律神経を整えるために

いかにリラックスしたオフを過ごすか

いかにぼーっとするかが重要です

 

このまえの週末は木彫りの熊を

木彫りの白クマに塗装したり

していました

鮭の塗装もいい感じです

f:id:guitartaro:20201206131148j:plain

f:id:guitartaro:20201206131122j:plain

f:id:guitartaro:20201206131055j:plain

事務所に飾っております

 

さらに友人の家の木に生(な)っていた

梅の実を収穫し、漬けておいた梅酒があり

(梅の実を4年経った今になってようやく取り除き)

梅酒を飲みやすいように

チョーヤの梅酒の瓶に移し替えていました

 

チョーヤの梅酒の瓶には「シングルイヤー

~1年熟成~」とかかれていますが

中身は平成28年に漬けておいたので

4年熟成モノです

f:id:guitartaro:20201206142613j:plain

f:id:guitartaro:20201206145549j:plain

f:id:guitartaro:20201206150736j:plain

呑んでないので美味しいのかどうか…

 

梅の実を取り除くのが遅かったので

色が濃いです(残念)

 

甘さがきつそうなので

薄いお湯割りで消費していきたいと

思います

 

このように生産性のあまりない

ぼーっとしたオフを

過ごせているので仕事にも好影響を

与えているのは間違いありません

(強烈な思い込み)

 

 

 

残り2か月

 

昨日は居酒屋よっちゃんが

開店からちょうど30周年ということで

お花を送らせていただき

友人とお祝いをしてきました

(お店で呑んできただけですが…)

 

ボトルも入っていなかったので

芋焼酎のボトルを入れてきました

 

よっちゃんには私の事務所の開所祝い

でお花を頂いていましたので

お返しするチャンスができてよかったです

 

「よっちゃん」ボトル入れたので

これからもよろしくお願いします

 

 

続いて

ボトルキープしているスナックに

久しぶりに行ってきました

 

その店では

取り扱っていないウィスキーを

特別に入れてもらっていますが

行ったらほとんど残っておらず

酔ってたこともあり、また

追加してしまいました

 

飲み屋さんのカウンターで

シングルモルトウイスキー

12年ものを渋く飲んでいる人がいたら

それは私かもしれません

 

 

さてプロ野球も最終版で

年末感が漂いはじめてきました

 

そろそろ当事務所来年の年賀状について

制作プロジェクト開始の準備をしないと…

 

 

2020も佳境へ

 

10月も最終週に突入しました

コロナ禍で大変な1年でしたが

個人的には守りながら攻めることが

できていると思っています

 

ボクシングで言うと

距離をとりながら(深入りせずに)

攻める、といった感じでしょうか

ヒット&アウェイ戦法ですね

 

ヒット&アウェイ戦法とは…

Hit(打つ=攻撃)とAway(離れている=離脱)を組み合わせた戦術
一撃離脱」とも言う。
ボクシングで特によく使われるが、軍事でもゲリラ戦などをこの言葉で表現することがある。

一気に接近して先に攻撃をヒットさせ、相手の本格的な反撃が来る前にアウェイするのが基本スタイルで、長期戦の中で機動力を使いながら徐々に相手にダメージを与えていく戦術である。
相手が接近のタイミングをつかめずにヒットが奇襲になったり、アウェイ完了後に相手が非効率な攻撃をして消耗したりするとなお理想的である。
この戦術を用いて勝った場合、「相手を翻弄した」と表現されることが多い。

アウェイが完了した時点では相手との距離が開いており、お互いにヒットが当たらない位置関係にある。射程距離の差によって自分だけがヒットできる距離に居続ける場合は、この表現は使われない(ただし射程距離で優位にある側がこの戦術を使うことは珍しくない)。

 

事務所の設備ももう少し

整える必要がありますので

少しづつ仕事環境の理想に向けて

改善しております

 

また

先日行われた資格試験については

なんとか実力を発揮することができ

あとは良い結果を待っている状況です

もう悪い結果は聞きたくない…

 

そんな1年ですが

まだ年が終わっていませんので

残りの期間も浮かれることなく

気を引き締めていきたいところです

 

 

業務の方は

イレギュラーな仕事の依頼が多く、

なかなかスムーズに進められない

ことが頻発していますが

心はそれに引きずられないように

淡々と業務をこなしていきたいですね

 

幻冬舎の社長曰く

『憂鬱でなければ、仕事じゃない』

そうですので

憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫)
 

 

ウォーキングなどの機会を増やして

心と身体を整えて(憂鬱を減らして)

一つ一つの仕事をクリアーして

行こうと思います(願望)

 

 

幻冬舎の社長の ↑ の本には

なんと第2弾もあるようです

 

この社長、熱すぎるな

 

「24時間戦えますか」の

リゲインのCMの世界か?

 

現実的には参考にしづらいような

気がしますが…

 

今年も佳境を迎えています

9月も終盤戦

今年もあと3ケ月と少し

 

残念ながら時を止めることは

できません…

 

 

今年の2月のブログで

 

筋肉指導しているトレーナーの名言

 

『筋トレできつくなった時は

頑張るか頑張れないかではありません。』

    ↓

    ↓

    ↓

f:id:guitartaro:20200203145401j:plain

 

今年頑張らないといけないときは

NHK『筋肉体操』のトレーナーさんにあやかって

頑張るか 超頑張るか の

2択で考えよう!

と自分の決意を述べていましたが

 

とうとう(個人的に)

頑張るか 超頑張るか の時期

になってしまいました

 

 

クリアーしないといけない試験があり

何度めかの挑戦をしなければなりません

 

さらに

11月には歯の大掛かりな治療も予定

しています

 

この2つをクリアーして

コロナで大変な年だったが

個人的には良い年だったと

言えるようにしたい

 

そのためには

『超頑張る』しかないでしょう!

歯の治療は私は

座っているだけですけど

 

 

試験なんて苦手なんですが

この直前の充実感がわりと

すきです

 

 

燃え尽きて

真っ白な灰になることが

できるのか…

はたまた

不完全燃焼となるのか…

 

あしたはどっちだ

 

f:id:guitartaro:20200924171147j:plain

 

 

稲盛和夫氏『京セラフィロソフィ』完コピ経営

 

だいぶしのぎやすい日常が戻ってきました

残暑が厳しすぎました

 

さて当事務所の名誉顧問だと勝手に思い込んでいる、

稲盛和夫氏がビジネス誌のプレジデントで

ラストメッセージ』ということで

特集されていましたので、

早速購入致しました

 

f:id:guitartaro:20200914142459j:plain

経営について仙人のような存在の稲盛氏です

 

今や中国の経営者たちにも稲盛氏の経営哲学が

広まっていて、アリババ前会長のジャック・マー氏

も信奉しているとの紹介もありました

 

記事中でKDDI相談役の方が、

「稲盛さんの本やフィロソフィを読んで、

表面だけ学んで完全に理解した気になるのは

危険なこと、教えをどう活かすか日々考え

続けないといけない」

と答えていました

 

日々の事務所の運営にまかせて、

稲盛哲学の理念や経営の考え方などが

どんどん忘れていってしまうので

こうして定期的に稲盛氏の経営哲学に触れて

いくべきだと個人的に思います……

 

 

なぜ、そんなキレイ事を述べるのか…

と言うと

 

それは、私利私欲を優先させると、

うまくいかないことが多いことを

私自身が経験しているからです

 

最初から『自分の事業を社会のために…』といった

立派な感覚の持ち主の経営者、事業者の方であれば

稲盛氏の経営哲学の重要性は、ごく当たり前の

ことなのでブログにまで書かないと思います

 

今までいろいろとうまくいかない経験が

あるから、わざわざブログに書いて

忘れないようにしているのです、ハイ

 

 

事務所のホームページでも稲盛経営を

紹介しています

私も稲盛信奉者です

事務所の目的 - 司法書士伊藤博之事務所 office-ito.biz

 

ということで、雑誌をぱらぱらめくっている

だけでも、心が洗われた気分になりました

 

調子にのって

『京セラフィロソフイ』も購入

f:id:guitartaro:20200914142325j:plain

 

本の帯には、

『すばらしい人生への指針、

 ゆるぎない経営への道標。』

とあります

 

現代はこのような成功された経営者の考え方が

簡単に本で学ぶことができて、その点は利便性が

発達していて、いい世の中だと感じます

 

比較的簡単に手に入れられたこのバイブル的な

本を活かすも殺すも自分次第…

 

本のタイトルを『伊藤事務所フィロソフイ』

に直したつもりで読み込んでいこう